創造力を提供するリーディングカンパニー

  1. トップ
  2. 事業紹介
  3. 画像解析計測システム「 SINGAM1000」
画像解析計測システム「SINGAN1000」

SINGAN1000とは

CDI はあらゆるスポーツシーンにおける映像解析のために研究開発をすすめ、「高精度」「ローコスト」という目標を掲げ、その性能を着実に進化させてきました。
特にこだわったのは太陽光での環境下でも「高精度」で計測することです。

「シンガン1000」は2台の専用高速カメラにより、リアルタイムで高速に動く物体を、位置や動き、スピードなどを高い精度で測定可能とした計測システムです。

オリジナルのアルゴリズムにより、映像内の様々なノイズを除去してデータ解析に必要な情報のみ抽出でき、光学カメラを使用しているため 通常では難しい太陽光の下でも使用可能となっております。

また、高いフレームレート(200fps 以上)の元映像と、動き抽出された映像をそれぞれ圧縮して記録でき、記録映像を読み込んで オフラインで解析するツールもあり、さまざまなシーンでの活用や開発環境での処理ができ、照明やカメラ設定に関する問題調査も 遠隔で処理する事が可能となりました。

SINGAN1000 の特徴

高速で動くオブジェクトを
リアルタイムに計測

1 万分の1 秒の速度でも対象物体のリアルタイムでの3次元動作計測が可能。

2カメラの3D 解析による
立体的な動きをキャッチ

2 台のハイスピードカメラで被写体を撮影し、3 次元運動を解析。被写体の速度、加速度、距離、角度などの定量的データが得られます。

ノイズ除去機能

映像内の様々なノイズを除去してデータ解析に必要な情報のみ抽出することで高い計測精度を実現

太陽光下でも計測が可能

屋外環境でも低コストで動作パターンを撮影・計測できるオリジナルカメラシステム。

SDKで他アプリに
組み込み可能

アプリを構築するためのライブラリ、メタデータ、ツールを提供します。 専用のアプリを構築する最適なエクスペリエンスが実現されます。
C/C++、unity ※32、64bit 版あり

ニーズに合わせたパッケージ構成

  • カメラ解像度・FPS・レンズ画角 を用途によって選択可能。
  • 映像補正機能により魚眼レンズでの解析が可能。
  • 機器のレンタルも可能です。
  • ソフトウェア・ハードウェアなどのOEM・特注開発対応可能。

用途例(使用できる分野の例)

  • 野球
  • サッカー
  • ゴルフ
  • テニス
  • バレー
  • 卓球
  • その他

この解析技術を応用して、ボールの軌道や選手のフォームの動きの解析を可能にします。

シミュレーションベースボールの
ボールトラッキングセンサーとして使用

ピッチングマシンから排出されたボールのスピード、軌道の解析。及び打球のスピード、軌道、方向を解析して、 ゲームプログラムへトラッキング情報を送り、グラフィック映像に反映しております。
3D で解析するため、 空中のボールはもちろんバウンドしたボールの情報も正確に解析できます。